スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日最終更新。

今年の締めと言うことでの更新です。
書くことと言えば、ピクシブに新作を投稿したっていうくらいですかね?

「あなたらしさを探して」という中編小説を前・中・後の三編構成で
投稿させて頂きました。
前回と同じように、となりの僕のピクシブページに飛んでもらえれば読めるかと。
60000文字以上ありますので、ライトノベル約半分程度の長さです。
暇つぶしになって頂けたら幸い。よろしくお願いいたします。

キャプションにも書いてるんですが、
これは元々10月に開催された紅楼夢で本にしようかと思ってたお話です。
諸事情ありまして、プレビュー本しか頒布できなかったんですが
こうやって発表できたことに関しては非常に満足しております。
自分の復帰作という位置づけで、いつもより時間をかけた作品にしておりまして
気に入って頂けたら嬉しいです。
他サークルさんの方にも査読してもらったり、いろいろ構成を変えてみたり
修正にも割と手間をかけられたかな、なんて思ってたり。

小説を書く楽しみとかしんどさとか、あらためて感じられた創作となりました。
出来不出来はともかく、けっこう楽しく書けたんじゃないかと。

というわけで、これを今年最後の更新とさせて頂きます。
ではでは皆様、よいお年を~ノシ
スポンサーサイト

ピクシブに新作投稿しました。

とりあえずwebを主体に活動するということなので、
投稿報告のカテゴリは「同人」にしちゃってます。
もうほぼ日記的な感じだけど……。

というわけで、表題の通りピクシブに新作を投稿しました。
「少名針妙丸の幻想郷探訪録 霧の湖編」
左の僕のピクシブページに飛んでもらえると読めるかと思います。
ブログパーツみたいに貼り付けて見たかったんですが、
あれってイラスト系しかできないみたいですねw 残念。
お暇つぶしになれたなら幸い。よろしくお願いいたします。

報告だけじゃ味気ないので、ちょっとしたあとがきもつらつら述べようかと思います。

少名ちゃんと正邪ちゃんの二人の旅を書いてみたい、から始まったシリーズですが
本来の目的は、脳内プロットだけでどこまでやれるか、
みたいな挑戦したくて書いてたりします。よくない創作の仕方だなとは思ってるんですがw
でも、肩の力を抜いて書けてるのは確かでして、息抜きにもなってたり。
いろいろと拙さはありますが(つか、僕の場合どの作品もそうですが)、
楽しく書けてるのは確かでして、初心を忘れない意味でも気に入るシリーズになるかと思ってます。
でも、プロット構築は大切。もっと練らないとねうん。

物語の主な目的は、
二人の謝罪行脚。彼女らが幻想郷の住人とどう関わっていくのか、
それを描いてみたいです。
文字数がやたらと多くなってしまうのは僕の悪い癖なんですが、
こう、もうちょっと文章をスマートにしたいなと思ってる所存。
理想にはまだまだ遠いです。
でもでも、お付き合いくださると超嬉しかったり。

次は紅楼夢で頒布予定だった本の全文をピクシブに投稿しようと思ってます。
エア冬コミみたいな? そちらも楽しみにしてもらえると嬉しいです。
30日投稿予定ですので少々お待ちをば。

来年は、創想話に投稿した大正パロシリーズと、
もう一つシリーズ物をそこに投稿しようと思っています。
シリーズ物ばっかw
なんか、そうしてたほうが作品同士互いの息抜きになってて良いんじゃないかなあ
なんて考えてまして(自滅する可能性もあるけど頑張ってみる)。
三つのシリーズを回しつつ活動していこうと思ってます。

てなわけで、今回はここまで。
ではでは。

創想話に投稿してみました。

ご無沙汰してきました。月見草です。
なんだかんだ前回から一ヶ月以上過ぎちゃってますね。
面目ないです。
まったりのんびり原稿やってたらこんなに間が開いてしまいました。
でも、好き勝手しながら書いてた分、結構楽しめたんじゃないかと思ってたり。
最近は冬らしく寒くなってきて、朝布団から出るのも一苦労です。
息が白い。
あ、
すごい私事なんですが、車買っちゃいました。HONDAのN-one。
人生初の(?)ローン組んで、もう後戻り出来ない感が新鮮です(吐血
車の運転が好きというわけじゃないですけど、仕事で必要になってくるんでね。
まあ、あった方が便利だし。

近況はこのくらいにして表題の話をしましょうかね。

東方創想話に東方の小説を投稿させてもらいました。
クリックすると飛べます。



暇つぶしにでもして頂けたなら幸いです。
東方の大正時代パロ。
舞台は京都。霖之助と霊夢が主人公で二人が怪奇事件(?)を解決していくお話。
続き物として構想も練ってまして、頑張って完結までこぎ着けたいところ。
一応、一話ごとに物語も区切りをつけてしてますが……どんな評価をもらえるか
かなり緊張してますハイ。
パロディモノを書くのも初めてでして、どんな風に書いたら良いんかなあとか
最初手探り状態だったんですが、書き始めてみるとめちゃ楽しかったり。
やっぱり、こういうのって開き直りが大事かなあなんて思いました。

実はこのお話、とある合同誌に寄稿しようと思ってたんですけど、
書き始めた頃に体調崩して締め切りに間に合わなくなっちゃいまして、寄稿を断念したんですよね。
確か、9月の頭くらいから書き始めて下旬辺りで体調崩して提出断念して、
10月頭からは紅楼夢の原稿の直しに手をつけ始めて、
紅楼夢が終わったら京都のイベントの原稿書いてて……。
で、11月のイベントが終わったあと、そんでやっと続きに着手したんですよね。

当初はこんなに長くする予定もなかったんですが、
どこかで公開するつもりならもっと話を盛っちゃえ!
って書いてたらあの長さになってました。
楽しかった!

えちぃ場面がちとありますが、ちょっと書いてみたかった部分もあったり。

書くにあたって大正時代のことを多少調べてみたんですが、
大正は15年までしかないのに、いろいろ興味を注がれる出来事がたくさんあったりで、
フムフム調べる自分は小並感漂わせてたんじゃないでしょうかw
大正って言ったら、サクラ大戦くらいしか思い浮かばないですけどね!

次はピクシブ投稿用に、少名ちゃんのお話の続きを書いてます。
と言っても、今月中に書き切れるかどうか(汗
大正パロのお話の続きは2月くらいに投稿できたら良いかなあ。

そんな展望をもちつつ、今回はこのへんで。
ではでは~。

あ、冬コミ行けません(泣
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitleピクシブsidetitle


    たまに小説を投稿してます。
sidetitleツイッターsidetitle
sidetitle参加予定イベントsidetitle
    2013/11/04現在

    サークル参加予定のイベントはありません
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。